« SLSEX | トップページ | に、に、日記 »

2007年5月29日 (火)

GK07

高校の時、神戸から転校生が来た。

震災に見舞われ、引っ越してきた。

当時は関西弁の彼にすごい違和感があった。

 

こんにちは、桶洗いです。

 

僕が関西に引っ越して来た時は

すでに街は大分修復されていて

テレビで見た高速道路も普通に走っていた。

大学1回生の時に

神戸ファッションマートでファッションショーのお手伝いをした。

初めて足を踏み入れた神戸

すごく綺麗な道路、建物。神戸っ子。

とても大地震があったなんて思えず

多分、その内あまり意識せずに

この仕事を始めてからも

神戸で普通に仕事をしていた。

 

神戸の某スタークラブの某松薔薇氏。

3年前にGOINGKOBEを立ち上げた。

2年間、僕は別の都合で行けなかった。

今年初めて参加した。

予想していた以上のお客さんの数にビックリした。

無料という事もあってか、昼過ぎからどんどんどんどん増えてきた。

ライブも盛り上がっている。

能登半島の募金もしている。

ボランティアスタッフが頑張っている。

オフィシャルTシャツを着ている人が多い。

みんなすごく楽しそう。

大トリは神戸在住バンドガガガSP。

ライブの途中で突然ボーカル前田さんが

某松薔薇氏をステージにあげた。

 

開催直前

某松薔薇氏から深夜に携帯にメールが入った。

なんだか会場が変わるとか、なんとか。

出来ないかも知れない。

でもやらなきゃいけない。

絶対にやる。と言っていた。

直前に会場が変わる、という事の大変さ

物理的な作業量、時間

無理、だと思った。

出来れば、やめたほうがいい、とも思った。

 

某松薔薇氏が、ガガガSPに呼ばれステージに立った。

前田さんが

このイベントがあるのはこいつのおかげや、と言う。

このイベントはあたりまえに無料で

あたりまえに毎年開催されてる訳じゃない

そんな様な事を言った。

某松薔薇氏はもう、ボロボロに泣いていた。

前田さんはやめとけ、と言ったらしい。

でも、それを聞いて更に開催しないといけない、と

そんなやりとりがあったと言っていた。

もう、込み上げ過ぎて言葉が出ないステージに

客席から「松原」コールがおこる。

すごい数の人がこのイベントの主催者の名前を呼んでいる。

初めて観る光景だった。

とてつもない一体感だった。

 

神戸はこんなに元気になりました。

初年度に確かそんなコピーがあったと思う。

多分昨日「松原」コールをした人のほとんどが

震災を経験した、神戸の人達なんだろう

だからこそのあの一体感なのだと思った。

僕は昨日、ようやく、

神戸で大きな地震があった事を理解した気がした。

スタークラブのみなさん、本当にお疲れ様でした。

 

で、さっき電話したら普通に営業してた。

「今から打ち上げですわ~!!!」

すごいっす

Image368

« SLSEX | トップページ | に、に、日記 »